お金にまつわる様々な情報を発信しています!

お金の管理が出来ない人の特徴とその改善策とは

   

control

お給料日前になるといつもお金がスカスカで、貯金が全く出来ないと困っている人は結構多いのです。こういったお金の管理が出来ない人の特徴にはどういったものがあるのでしょうか?お金の管理が下手な人がついしてしまいがちな行動をチェックしてみましょう。

- SPONSORED LINK -

無意識に無駄な買い物をしている

お金の管理が出来ない人の特徴として、無駄な買い物をしてしまったり、必要以上に贅沢をしてしまっているという事が挙げられます。全ての方がそうというわけでは無いですが、この手のタイプの人は食品に割引シールが貼られているから安いと思い込んでスーパーの高い惣菜を買ってしまったりなど、やりくりが下手な人も多いのです。

また、100円ショップに行った時に、そこまで必要でもない物を買い込んでしまったりなど、細かく無駄な出費をしている事が多々あるのも特徴です。副業などが出来ず、本業の他に収入も無いなどの場合は、極力こういった無駄な買い物を減らす必要があります。1日100円の無駄を減らす事で10日で1000円、30日で3000円です。

年間で計算すると、結構大きいと思いませんか?一見値引きシールが付いていて安そうに見えるお惣菜でも、よくよく考えると値引き後も全然妥当じゃない値段だったという事も多いです。節約出来そうな部分はどんどんと削っていくうちに、お金の管理が出来る人になれるかもしれません。

貯金用の通帳が無い

貯金が出来ず、毎月給料日までが遠いと感じるタイプの人の多くは貯金専用の通帳を持っていません。お金の管理ができない人の中には、お給料が余ったら貯金というシステムを採用している人も多く、それではお金は全く貯まらないか、貯まったとしてもごくわずかでしょう。

貯金専用の通帳を作り、お給料日になったら毎月決まった額をその通帳に入金し、そのお金をアテにしないで生活する事で金銭感覚も研ぎ澄まされていきます。貯金用の通帳は特別な理由が無い限りはお金を引き出さないようにする事も重要です。

これと並行して、日々の節約や一カ月でお金を使うペースの管理などをしていけば、お金の管理が出来なかった人もだんだんと金銭感覚が育ってくる事でしょう。

財布に多めにお金をいれてそのまんま

お給料が入って銀行ATMなどでお金を一度に引き出して、お財布にそのまま入れている人も月末になってピンチになりやすいです。

お財布に入れておくとどんどん使ってしまうというタイプの人も多いですから、一旦貯金箱や封筒など、誰かに盗まれたり見つかったりしない場所に入れておき、10日おきにそこから一定額を取り出してお財布に入れたりすれば、計画的にお金を使う事が出来ますし、お金の使い過ぎを防ぐ事も出来ます。

期間中にお金が足りなくなってしまっても、期間が来るまで最低限以外使わないようにする事でやりくりを覚える事もできるかもしれません。

お金の管理が出来ない人はコレに気を付けよう

買った物のレシートを後から見返してみる

買った物のレシートを思い出した時でも良いので少しとっておいて、お給料日前などに買ったものを見直してみると良いでしょう。そうすると、コレを買ったのは失敗だった・アレを買ったのは無駄だったと、色々と反省点が見えてくるハズです。

自分が毎月どこでお金をいっぱい使っているのかが客観的に見られるので、お金の管理が出来ない人にとっては自分の弱点を知る事にもつながるかもしれません。自分の手持ちのお金のうち、どこでどのように使い、どこにウェイトが置かれているのかを知る事が節約の近道となる場合も多いでしょう。

お小遣い帳や家計簿を付けてみる

何故に自分にお金が無いのか全くわからないという人は、ひと月に使う自分のお金をまず把握する必要があります。今は自分で書き込むタイプの家計簿の他にも、家計簿アプリなど便利なアプリがネット上にたくさん存在しますから、それらを駆使してお金が出ていく原因をきっちり客観視する事も重要です。

買い物や遊びは予算を決めてから行く

人生を謳歌する人にとってプライベートで行う遊びや買い物は楽しみの一つです。若いうちはお金の管理が出来ないと悩むよりも、自由なうちにオシャレや遊びを謳歌する事も重要ですが、それが度を超えてしまっては後々に影響を及ぼしかねません。

そのままお金の管理が出来ないままになってしまっては人生を謳歌するどころではなくなってしまうでしょう。買い物や遊びでお金が出て行ってしまうようなタイプと自覚している場合は、まず一回に使うお金の予算をおおまかに決め、それ以上財布にお金を入れて行かない事が重要です。

時には欲しい服や一目ぼれするようなアイテムを見つける事もあるでしょう。自分の収入の枠以上に何でも欲しいからと手に入れていては、お金を管理するどころか出て行く一方となってしまいます。

まとめ

お金の管理が出来ない人にも様々な理由があるでしょう。それを野放しにしてしまっていてはいざという時に使えるお金が無くて大変な目に遭う事だってあり得ます。計画的にお金を使う癖を付ける事でこれらの事を回避し、果ては余裕のある暮らしにつなげていく事だって出来るでしょう。

- SPONSORED LINK -

 - 貯金