お金にまつわる様々な情報を発信しています!

NHK受信料を滞納してしまった時に知っておきたいこと

   

勝手にTV電波を垂れ流して勝手に請求書を送りつけてきたり、営業を寄こしてきてはNHK受信料を払えと言ってくるため、理不尽に感じて滞納したり等、何かと不払いをしてしまう人も多いNHK受信料は、免除してもらう事が出来るのでしょうか?今回は何かと噂が絶えないNHK受信料に関する記事です。

- SPONSORED LINK -

NHKの受信料に免除はありません

NHK受信料をNHK側が何の手続きも取らずに免除する事は法律違反となりますから、NHKが勝手に免除する事は出来ません。受信料を免除するためには総務大臣の認可が必要なので、ある日突然お家にやって来た「ぽっと出」のNHK受信料を集金する請負業者がこういう事を言ってきても、全く信用するには値しません。

時折このような怪しい請負業者から、クレジットカードや銀行引き落としを契約すれば今までの受信料が免除されるような事を聞かされる場合がありますが、そのような取引も免除も法律で禁止されています。それに過去の料金の免除について集金係の請負業者から言われたとしても、所詮いい加減な口約束のため、NHK受信料を支払う義務が生じます。

ただし、NHK受信料の時効は現時点では5年のため、この口車に乗って現在から払い初めてしまった場合は5年間粘れば払う義務も無くなる可能性が高いでしょう。

NHK受信料が払えないから解約したい

NHK受信料の解約は中々にエネルギーを消耗します。NHK受信料を支払うのは国民の義務など、間違った刷り込みによって、強制的に払わなければならない雰囲気を醸し出しているのです。ある一定の条件をいくつも揃えなければならない上に、手続きしなければならない事も多く、しかも少し強気でガンガン交渉しなければいけないので非常に骨が折れる上に腹の立つ事もあるかもしれません。

ネット上でもアナタと同じようにNHK受信料を滞納して払う気が一切無い人も多く、NHK受信料を一度契約させられてしまったけれど解約したい人の為に手順を詳しく紹介しているサイトなどもあります。「NHK受信料 解約」などで検索してみればたくさんの情報が詳しく出てきますので、手続きをする手間を惜しまなかったり、強気の交渉も全然余裕という人がいるのであれば挑戦してみるのも良いでしょう。

NHKだって役に立たないわけではない

勝手に放送して電波を出しているくせに、半強制的にNHK受信料をむしり取っていくNHKに対して、苦々しい思いをしている人は少なくないでしょう。そんなNHKですが、地震などの災害が多い日本では有事の時の情報収集に非常に役に立ちます。スポンサーなどの広告の縛りが無い分、こういった時にずっと放送する事も出来ますし、他局よりも災害情報を放送するスピードが速い事だってあるのです。

本当かどうかは確認する術が無いのですが、東日本大震災の時には他局の報道チームと違って被災者への配慮や役に立つ事も少々してくれたようです。年末には紅白歌合戦があり、最近の視聴率は少々下がっているとはいえ、少なくとも国民の1/3以上は観ている計算になります。

お正月前の年末の雰囲気を楽しんだ事や、紅白歌合戦の見物料だと思ってしぶしぶ支払うのも良いのかもしれません。このようにNHKも本気で無用の長物では無い可能性も高いので、加入の営業などもうるさくて追い払うのもおっくうですし、家族と住んでいる場合には加入しておいても良いのかもしれません。

NHK受信料を集金している人の嘘に注意

あの手この手で加入させようと企んでいる

そもそもNHK受信料を徴収している業者はNHKの回し者なだけで、正規職員ではありません。NHKから受信料の徴収を任されている請負業者に雇われているだけなのです。そのためNHK受信料やそれにまつわる法律に飛びぬけて詳しい人は少なく、彼らが理解できている事は「集金率が高ければ自分の給料も高くなる」という事だけです。

こうやって上記のように書くと言葉が悪くなってしまう上に、全ての集金業者がそうだとも言い切れないのですが、この請け負い業者との口約束や口車に乗って契約してしまったり、クレジットカード払いにしてしまった人との間で話が違うじゃないか!といったトラブルがあるのもまた事実です。

結局その場の口約束だけで、証明する書類も無いために、受信料を支払う側が泣き寝入りしてしまうパターンが問題となっています。

少しでもおかしいと思ったらすること

自分の給料を上げたいと思うばかりに適当な事を言って契約をしてしまったり、もしくは新手の詐欺としてNHK受信料をだまし取られてしまうような方もとても多く存在します。

話をしていて少しでも納得出来ない部分があったり、どことなく怪しいと思ったらその場では強気で一旦断り、後から吟味するようにすると良いでしょう。

とてもしつこい営業もいますが、強気で断るか、他の事を言わないで同じことを10回くらい繰り返せば大抵は引き下がるハズです。こちらの記事で実際に私がNHK受信料を断った方法についてご紹介していますので参考にしてみてください。

まとめ

無駄な所に税金をかけている位なら無駄遣いしている税金の中から資金を捻出すればいいとか、契約自由の有料チャンネルにすれば良いじゃないかと思うのがNHK受信料を滞納している人達の主張でしょう。

NHK受信料の免除は法律で禁止されていますが、解約は可能とされています。ただし、末端の請負でNHK受信料を集金している人達はその知識が無い人もいるので、話が通じるかどうかはまた別の話なのかもしれません。

- SPONSORED LINK -

 - 公共料金