お金にまつわる様々な情報を発信しています!

アイフルの審査基準と申し込み方法

      2016/01/05

アイフルでの申し込みから融資までの流れについてご紹介!今回紹介する融資プランは、利用者が最も多い、「キャッシングローン」での流れとなります。電話やインターネットから申し込みを行うのが一般的ですが、緊急で、すぐに現金が必要という場合には、店舗での借入れも可能です。

- SPONSORED LINK -

WEBからの申し込み方法

一番多い、インターネットからの申込のパターンですが、これは、アイフルの公式ホームページにアクセスしてもらい、そこから、申込を行います。必要事項の記入が完了すると、こちらが指定した時刻に電話を受けるので、そこから審査が開始されます。

申し込みからはじめは、本人確認と、各属性の審査ということになり、最後に勤めている会社に在籍確認を取って終了となります。そして、審査が終了し、通過していれば、無人契約機か自宅郵送にてカードを受け取ります。そのカードを持って、店頭か提携ATMに行くと、融資を受けることができるようになります。

アイフルの提携ATM

アイフルの返済プランは下記の方法から自由に選ぶことが出来ます。アイフルでの返済方法は、銀行振り込み・提携ATM・アイフルATM・コンビニ支払い・銀行口座からの自動引き落としの5つから選ぶことが出来ます。

次に、提携ATMについてですが、これは、下記のATMに対応しているので、こちらのATMからなら、5時〜23時の間で返済することが可能。

銀行ATM

「三菱東京UFJ銀行」「セブン銀行」「イオン銀行」「西日本シティ銀行」「ローソンATM」「イーネット」「親和銀行」これらが提携先となっています。※返済可能なマルチメディア端末としては「ファミリーマート・Famiポート」 「ローソン・Loppi」 「ミニストップ Loppi」があります。返済できる提携先が少ないですが、銀行からの自動引き落としが可能なので、そちらで対応してもいいかも知れません。

アイフルに必要な書類

アイフル申し込みでの借入れに必要な書類はプランごとによって異なりますが、フリーのキャッシングローンでは、50万円以下の利用の場合は、本人確認書類のみでも可能です。しかし、他社での借入れが100万円を超えていたり、アイフルでの借入額が50万円よりも多くなる場合には、収入証明書類が必要になりますので、準備するようにして下さい。

本人確認書類は、基本的には運転免許証ですが、無いという方は健康保険証やパスポートでも可能になっています。収入証明書に関しては、源泉徴収票が一番良いのですが、無いという方は、直近2か月分の給与明細書と賞与明細書が必要になります。

アイフルの借入限度額について

アイフルでのキャッシングローンプランでの借入限度額は、500万円となっています。しかし、これはプランごとによって異なりますので、申し込む際に確認が必要です。キャッシングローン申し込みでの借入れ利率は、年利4.5%〜18.0%となっています。

100万円以上の借入れをしていたり、おまとめローンを利用したりすると、金利が下がる傾向にありますが、基本的にキャッシングローン申し込みでは、50万円〜100万円までの限度額となっているので、18.0%になっているのが一般的です。

- SPONSORED LINK -

 - カードローン