お金にまつわる様々な情報を発信しています!

レイクの審査基準と申し込み方法

      2016/01/05

新生銀行カードローン レイクでの借入れの目玉といえるのが、「180日間無利息」というサービスと、「30日間無利息」というサービスになります。これは、初めてレイクを利用する方が、5万円までの借入れの場合は180日間無利息で借りられるということと、5万円以上借りるという場合は、初めて利用する方に限り30日間無利息になるということ。

例えば、5万円借りて、半年間の利息を計算すると、年利18%だとして4,500円になります。この金利が無料になるので、とても魅力的なプランになります。

30日間無利息にしても、30万円を借りると、1ヶ月あたり4,500円の利息が掛かりますので、その分がなくなると考えれば、非常に魅力的なサービスではないでしょうか。※平日14時までに手続が完了すれば、即日融資可能 ※2つの無利息ローン(30日間 or 5万円まで180日間無利息)は併用できません。

- SPONSORED LINK -

WEBからの申し込み方法

レイクではインターネットからの申し込みが一番多いのですが、その方法は、公式サイトにアクセスし、申し込みを完了させます。そして、申し込み時に、連絡希望時間を入力する欄がありますので、そちらに記入した時間に連絡が来ます。そこからが審査スタートとなっていて、最初は本人確認され、そして借入れのための属性の審査になります。そして、最後に勤めている企業にキチンと在籍しているかどうかというチェックを行い、審査は完了します。

レイクの審査に通過していると、連絡がもらえ、その日のうちに借入れが可能です。また、レイクのカードを持ち歩かなくても、スマートフォンから借入れが可能となっているので銀行に振り込んでもらうことも可能となっています。

レイクの提携ATM

レイクの返済方法は、銀行から振込もしくは自動引き落としを利用するか、提携ATMからの返済が主な返済方法となります。提携しているATMはセブン銀行、ローソンATM、イーネットと選択肢が多く、すべて手数料無料で利用できるので便利ですね。

申込みに必要な書類

借入れの際に必要な書類は、本人確認書類と収入証明書類の2点です。本人確認書類は、運転免許証があれば、これが一番いいです。運転免許証が無いという方は、健康保険証かパスポート、外国人登録証明書でも可能です。本人確認書類と現在の住所が異なるという場合は、公共料金の領収書か住民票の写し、印鑑証明書が必要となります。

次に、収入証明書に関してですが、源泉徴収票がベストですが、無ければ住民税決定通知書か納税通知書、もしくは所得証明書でも可能となっています。これらの証明書が入手できないという場合には、直近2か月分の給与明細書でも可能となっていますが、こちらの場合は、賞与証明書と合わせて提出する必要があります。

借入限度学について

レイクに申し込みして利用することが出来る借入限度額は、500万円となっていますが、最初に設定される限度額は30万円〜50万円程度が多くなっています。レイクの借入利率は4.5%〜18.0%となっていて、遅延損害金が20.0%です。50万円以下の利用の場合は、基本的に18.0%となっているので、1ヶ月あたりの金利は1.5%となり、日割り計算をすると、0.05%となります。

- SPONSORED LINK -

 - カードローン