お金にまつわる様々な情報を発信しています!

みずほ銀行カードローンの審査基準と申し込み方法

      2016/01/05

みずほ銀行カードローンは、無担保で最大1000万円の融資を受けることができる銀行カードローンで、小額の融資でも低金利で借りることのできる点が特徴で、消費者金融等と比べてもかなり有利な条件で借り入れが可能となるでしょう。

みずほ銀行といえば、言わずと知れたメガバンクのひとつであり、信頼度も高く安心して利用できるという点もメリットだと言えます。実店舗型ですので実際に店頭で相談したりできますから、初めての方でも安心です。

- SPONSORED LINK -

みずほ銀行カードローンのWEBからの申し込み方法

みずほ銀行カードローンを申し込む場合はWEBからの申し込みが便利です。専用サイトの申し込みページから、必要事項を入力していくだけで24時間いつでも申し込みが可能となっています。

この場合みずほ銀行の口座を持っている方で、さらにみずほダイレクトを利用している方であれば100万円以下の融資申し込みにおいて一切の書類提出が不要となるなどの優遇措置があります。もちろん口座を持っていない方も申し込み可能で、その場合は確認書類を送付する必要があります。

申し込み後はメールで審査結果が通知され、融資可能となればその後必要に応じて確認書類等の送付、ローンカードの発行および送付という流れになっています。
いずれの場合も最短即日審査が可能です。

みずほ銀行カードローンの返済方法

みずほ銀行カードローンの返済方法は、毎月10日に返済用の普通預金口座から自動引き落としで返済していく、というのが基本の返済方法となっています。この場合引き落とされる金額については、残高スライド方式となっていますので、前月の10日時点での借入残高によって決定されます。

一例を挙げてみると1万円未満では全額、1万円以上100万円以下では1万円、という具合です。最大の1000万円超の借入残高の場合は11万円となります。自動引き落としに加えて、任意返済を行うこともできます。余裕のある月などは別途ATM等を利用して、追加返済を行うことで早めの完済が可能となります。任意返済を行った月も、自動引き落としはされますので計画的に実施しましょう。

必要な書類と借入限度額について

みずほ銀行カードローンを申し込む際の必要書類は、原則として運転免許証、パスポート、健康保険証などの本人確認書類および源泉徴収票、納税証明書などの収入証明書となります。ただし200万円以下の利用限度額の場合には収入証明書は必要ありません。

みずほ銀行の口座を開設していて、なおかつみずほダイレクトの利用をしている場合には、100万円以下の利用において本人確認書類、収入証明書のいずれも提出不要となります。

みずほ銀行カードローンの金利は4.0%〜14.0%となっています。利用限度額によって金利が決定されるシステムとなっており、基本的に利用限度額が大きいほど金利は低く設定されることになります。

特筆すべきは最低ラインの10万円以上100万円未満の場合でも14.0%という低金利だという点です。通常このラインの融資額では17%以上となることがほとんどですので、消費者金融などの他社よりもかなり有利な条件だと言えます。

みずほ銀行カードローンの借入限度額については最大1000万円となっていますので、大口の資金が必要な際でも十分対応が可能です。銀行系カードローンですので、年収の3分の1までに借入れが制限されてしまう総量規制を受けることがないというのもポイントです。

- SPONSORED LINK -

 - カードローン