お金にまつわる様々な情報を発信しています!

年収アップが期待できる資格まとめ

   

毎月の給与明細を見て、あまりの安さや自分の望む金額とはかけ離れすぎていて、溜息をついている方も多いハズです。こういった方が年収アップをしたいと思った場合、まず考えるのは転職などですが、資格を持っていた方が今より有利な就職が出来る確率も高まります。今回は年収アップが期待できる資格を調べてみました。

- SPONSORED LINK -

年収アップが期待できる資格として中小企業診断士

中小企業診断士は年収一千万円を超える事も多いと言われる士業の一つです。中小企業診断士というと聞きなれない言葉なので、本当に需要があるのかどうかすら不明に感じますが、いわゆる「経営コンサルタント」という仕事に必要な資格がこれにあたります。

企業で雇われるというよりは自分で開業するのに向いている資格です。他の士業と一緒に資格を取得しておくと収入や顧客対応の幅が広がり、より一層高収入が望める可能性が高まるそうです。中小企業診断士の資格試験は一次試験・二次試験と、二度の難関を突破しなければならず、身に付けなければならない知識も広範囲に渡るため、その合格率は10人に1人か2人です。

中小企業診断士に合格するためには勉強のためにある程度時間をかけねばならず、まともに試験を受けようと思ったら最低でも1年間は勉強する必要があり、学校などに通っている人も多いです。…とはいえ、合格した人達の平均年収が800万円~1000万円と言う事を考えると、自分の将来のためのスキルアップとして受験を考えるのも良いかもしれません。

日商簿記・税理士・公認会計士

一生雇われの身で働く場合、福利厚生やボーナス・基本給などが比較的高い求人が多く、デスクワークでいられる会計事務所や税理士事務所などでたくさんの需要がある日商簿記の資格は非常に重宝します。簿記の試験には日商の他にも全経や全商など様々な種類がありますが、日商簿記以外は無視しても差し支えがない程です。

日商簿記試験の2級以上を取れば、会計事務所の求人などに応募できる可能性がかなり高まります。無資格で中小企業などで働いているよりも高収入が望める可能性も高くなるでしょう。

専門的な資格として人気が高いのが税理士や公認会計士です。税理士は独立開業を目指す人などに向き、公認会計士は監査法人に雇われて勤務する事が多い資格です。

税理士として開業した場合、自分の手腕や抱えている顧客にもよりますが、年収は400万円~700万円というゾーンが非常に多く、中には経営手腕を発揮して年収二千万円プレイヤーなども存在するようです。

公認会計士の年収は、雇われの身ながら400万円~2000万円と年収の幅が広く、将来性の面から見てもかなり期待が持てる資格となっています。他の資格も取得した上で独立開業する人などもいるので、自分の能力次第で高収入が望めるでしょう。

社会保険労務士

社会保険労務士の合格率は10人に1人程度となっており、比較的難易度が高い資格です。そんな事情があるため企業でも需要があり、会社で雇われて働く場合には非常に強みになる資格の一つでもあります。今いる会社よりも年収をアップさせるために転職する時にも非常に役に立つ資格と言えますが、他の士業の資格を取り、独立開業する時にも持っていると便利な資格です。

社会保険労務士を受験するために必要な勉強期間は半年~一年程で、それでも受かるかどうかは運と本人次第とも言えますが、資格を取得する事が出来れば企業の中で雇われに収まっても独立開業するにしても、収入アップが見込める可能性も高まるでしょう。

本気で年収アップしたいのなら

今や士業もダブルライセンス時代に突入

近年は不況の煽りを受け、一生食いっぱぐれないように資格を取ろうとする人達が増えてきました。お医者さんですら、一つの科だけではやっていけなくなっているジャンルも出てきてしまい、二種類以上の科を設けて集客しているような時代です。

税理士事務所を開業している人でも、別の士業の資格を合わせて取って、扱える業務の幅を広くしている人達もいますし、もしくは別の士業の資格を持っている人を雇っている場合だってあります。必要に合わせて追加で資格を取っていく事で、収入アップやスキルアップをめざす事が出来るでしょう。

アナタの本気度が試される時

専門性が高い職業は資格を取得するための難易度も高い事が多いです。中には独学で資格を取る人もいますが、大抵の方は専門学校や通信教育を利用する事が多いようです。

高い費用を払って学校や通信教育を受けるのですから、自分に投資した費用が無駄にならないように、絶対資格を取ってやるという意気込みが必要です。

独学でやろうと思った場合は専門書籍などを買い込む事も多いですが、特別自分が頭が良いとか優秀であると自負している以外は専門学校などで学んだ方が時間の短縮になる場合も多いでしょう。

専門書で勉強する場合は、なるべく試験を受ける年に出ている最新バージョンの参考書などで勉強する事をおすすめします。試験に出やすいポイントなどを要点をおさえて掲載してある本も多いため、「試験に受かる勉強」がしやすくなる可能性が高いです。

まとめ

ここに載っている以外にも、収入アップが望める資格はたくさんあります。年収アップのために役立つ資格を取得する事はとても大事ですが、それよりもっと大切な事は本人の職業に対する適正です。

自分が苦手だったり全然面白味を感じない職種の資格を取っても、結局続かなくて宝の持ち腐れになってしまう事だってありえます。自分の適性と興味をよく考えて資格取得をするのが得策と言えるでしょう。

- SPONSORED LINK -

 - 給料