お金にまつわる様々な情報を発信しています!

債務整理はメリットばかりではない!きちんとデメリットを知ろう

   

債務整理とは、借金の額を減らして負担を軽くする手続きの事です。債務整理のメリットは、借金を減らすことができるという点ですが、メリットがある以上、デメリットもあります。今回は、そんな債務整理のデメリットについてご紹介します。

- SPONSORED LINK -

ブラックリスト入りしてしまう?

債務整理を行いますと、信用情報に債務整理が行われたという記録が残ります。債務整理をしたという事実が記載された場合、一定期間は新規で借り入れができなくなります。例えば、最も軽いと言われている任意整理で5年、個人再生・自己破産で7年~10年と言われており、その間は信用情報を使う手続きは、すんなり成立しないでしょう。

信用情報を取り扱う機関によっては、任意整理と個人再生の場合は、記載しないという明記している機関もあり、それらの機関から情報提供を受ける場合は、ブラックリスト入りしていることは伝わりにくいです。

ご自身が、ブラック入りしているかどうか知りたいという場合は、「信用情報開示書類」を各機関に提出することで、開示してもらうことができますので確認してみると良いでしょう。開示には一定の手数料がかかる場合があります。詳しくは、開示したい機関に問い合わせをしてみてください。

クレジットカードは発行できる?今のカードは使える?

次に、クレジットカードです。一見、任意整理をしてもクレジットカードに影響は出ないと思われがちですが、大きな間違いです。クレジットカードの新規入会は、ほとんどの場合、入会できません。クレジットカードを発行する際に行われている審査では、「この人は信用できるかどうか」という与信審査が行われています。

その際に、個人信用情報を確認し、過去に金融事故を起こしていないかどうかを見ていますので、任意整理を行っているのであれば、その事実が記載されている場合があり、審査否認になる場合もあります。しかし、一部カードは、審査通過できる場合があると言われており、任意整理中でもクレジットカードの入会が絶対にできないという事でありません。

また、すでに発行済みのクレジットカードも途中で使えなくなる可能性があります。弁護士事務所を通して任意整理をしている場合は、預けてくださいと言われ、クレジットカードを没収されることもあるようですので、基本的に使えないと思っておくと良いでしょう。

住宅ローンに影響はでる

最も大きいデメリットと言われているのが、住宅ローンへの影響です。債務整理を行った場合、事故情報として信用情報に記載されてしまうという事は先述しました。これは、クレジットカードの新規作成と同じで、住宅ローンも組めない場合が高いです。銀行側は、申込者から申し込みがあった場合、信用情報を確認し審査を開始します。

この際、任意整理を行ったという事実が記載されている場合は、金融事故と同じ扱いになりますので、住宅ローンは組めない可能性があります。取り寄せる機関によっては、任意整理を行ったという事実が記載されていない場合があり、住宅ローンを組むことができることもあります。

仮に、審査否認で組めなかった場合でも、ある程度時間を置くことによって再度申し込みをすれば、審査を通過できる場合があります。信用情報から任意整理を行ったという事実が消えない限りは、否認になる可能性が高いので注意してください。

周りの人に影響への影響について

債務整理をした場合、周りの人に影響は出ないと言われています。法律上は、本人のみが債務整理の対象となり、家族の財産や進学が制限されるという事はありません。しかし、保証人には弁済してもらう必要があり、場合によっては保証人が全額借金を返さなければならなくなります。例えば、保証人ではない家族に債務の請求が来た場合は、支払わなくてよいです。

法律で「本人以外の人に弁済を求めてはいけない」と定められており、請求してきた場合は警察に相談することで、守ってもらうことができます。また、保証人が払いきれない場合は、保証人も含めて任意整理をすることで借金の総額を減らすことができます。

家族や親族は債務整理をしているから、自分はクレジットカードや住宅ローンが組めるというわけでもありません。法律上は、影響しないとされていますが、債務整理をしている方と同居している場合は、銀行側やカード会社側は、家族の信用情報を取り寄せ、審査を行う場合があります。

住所が一緒ですと、家族とみなされてしまうこともありますので、引越しをすると良いでしょう。ただし、信用情報には家族の情報は掲載されていません。あくまでも「家族かもしれない」という状態で、信用情報をチェックしますので、確実な証拠があって家族と断定しているわけではありません。

まとめ

債務整理には、いくつかのデメリットがあります。借金を減らすことができる代わりに、しばらくの間は新規でお金を借りたり、クレジットカードを作ったりすることはできません。キャッシングなどの利用は計画的に行うと良いでしょう。

- SPONSORED LINK -

 - 借金